日本語でのご案内

JPRail.com 概要

外国人旅行者を対象に、複雑な日本の鉄道事情、JRパスを始めとする様々な外国人旅行者向けの企画乗車券について情報を英語で発信。
2015年8月現在、いかなる企業との関連もなく、全くの個人のサイトとして運営されています。

  • 運営開始:2009年12月
  • サイト管理者:下村猛
  • 月間PV数(平均):170,000

略歴

1991年1月 ワーキングホリデーでカナダへ

1991年4月 バンクーバー、ビクトリアにおいてツアーガイドとして1年間勤務

1993年4月 カナディアンロッキー地区を中心にアルバータ州全域にて5年間に渡り、ツアーガイド、ドライバーガイドとして勤務。ならびにガイドインストラクターとして後進を指導

1998年3月 カナダ日通旅行入社。パッケージツアーの旅行手配、企画業務を担当

2006年3月 日本旅行カナダ入社。パッケージツアーの企画、マーケティング業務、ならびにウェブサイト全体の管理、JRパスの販売を担当

2009年10月 株式会社オールアバウトとのオフィシャルガイドとしての契約締結。カナダ及びバンクーバー担当のガイドとして、旅行記事の執筆を開始

2009年12月 JPRail.com 開始

JPRail.comを始めたきっかけ

上の略歴にもありますが、私は1991年にワーキングホリデーでカナダにやってきて以来、ツアーガイドやパッケージツアーの手配・企画など、カナダに来られる日本人観光客を対象とした日系の旅行会社に勤務してきました。そんな中、最後に勤めた旅行会社でJRパスの販売担当になりました。そこで日本に行こうとするカナダ人のお客様と直接お話するうちに、JRパスについての英語での情報がいかに不足しているかということを知るに至り、そこにニーズがあるのでは?と漠然と考えるようになりました。とはいえ、会社に雇われている以上、会社の利益に反することはできませんし、業務を通じて知り得た情報を個人で使うのも憚られるため、そのまま時間が過ぎて行きました。

やがて、旅行会社から退職し、会社というしがらみがなくなったため、「JRパス使用法を指南する」という目的でサイトを立ち上げるという目標を立てました。目標を立てたものの、なかなか具現化することができず、時間がどんどん過ぎていきましたが、2009年暮れになんとかサイト立ち上げにこぎつけました。

最初はJRパスで乗ることのできるバス、追加料金なしで乗車可能な夜行列車など、パスの以外な使用法、JRと私鉄の違いなどの基本情報を投稿してきましたが、アクセスが伸びるにつれ、外国人観光客がJRパスを使うとは限らないということが見て取れ、関空へのLCCの増便により、それはさらに顕著になってきました。

そうしたニーズに応えるべく、現在はJRパス以外の様々な割引切符や観光地への列車へのアクセス、駅の情報など、外国人旅行者が列車の旅行に必要とされる情報すべてを対象としたサイトとして運営しています。

日本は世界でも稀に見る鉄道先進国だと思いますが、それゆえに外国人旅行者にとっては複雑すぎて、理解出来なことが多々あります。しかしながら、鉄道を使った旅行は旅情に溢れ、日本国内を旅行するのに最も魅力のある方法だと思います。このサイトではそうした鉄道旅行の魅力を少しでも伝えるべく、また、このサイトが多少なりとも彼らの役に立ち、日本のインバウンド観光ビジネスに多少なりとも貢献できれば、という思いで運営しています。

私自身のイメージは、雑誌「旅と鉄道」の英語版。といっても、長年カナダに住みながらボキャブラリーが乏しく、そこまで魅力にあふれた英文構成能力はありませんが、少しでも近づくべき、精進しています。

外国人旅行者があまり訪れないような地方にもスポットを当てて、その場所に根付いた鉄道も積極的に取り上げていきたいと思います。

このサイトで何かお役に立てることがありましたら、下記のフォームよりご一報ください。それほど影響力のあるサイトではありませんが、一緒に盛り上げていきたいと思います。

JPRail.com 管理人 下村猛

連絡フォーム

お問い合せは以下のフォームよりお願いします。ただし、個人の旅行のご相談はお受け出来かねます。こちらでのフォームは、JPRail.comを使った鉄道のイメージアップや地域振興、広告掲載など、ビジネス用途に限ります。アクセスアップなどSEO系のセールスや、サイトとは全く関係のないご質問などはお断りします。その他、管理人の判断でご返答を控えることもございますので、ご了承ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Japan Rail Pass, many rail passes and rail travel in Japan complete guide. Let's use the Japan Rail Pass to its maximum!!!